岡田健史中学聖日記と創成館高校甲子園や偏差値!年齢や兄弟がやばい?

スポンサーリンク

岡田健史さんといえば中学聖日記の黒岩くん役で一気にブレークしたイケメン!実は創生館高校で高校野球がすごくて甲子園出場していた?高校時代に演劇に目覚める?偏差値がヤバい?中学生の黒岩くん役だけど年齢は?兄弟もイケメン?岡田健史さん中学聖日記や創成館高校野球と甲子園や偏差値!高校時代!年齢や兄弟も!徹底的にまとめました!

スポンサーリンク

岡田健史が中学生日記で見せるスター性がすごい!

どの世界にもスターというものが存在するものです。

そんなスターと呼ばれる俳優は、芸能界に現れました。

その名も、岡田健史さんです。

そんな岡田健史さんが役者としてデビューしたのは、TBSで放送された「中学聖日記」です。

「中学聖日記」でデビューした岡田健史さんは、公式でInstagramを開設し、フォロワー数が50万人を突破するなど、今や人気はうなぎ上りです。

また、岡田健史さんが演じた役に対して、ロスが起こるなど、凄まじい人気を誇っています。

岡田健史さんがデビューするにあたっては、異例中の異例で、有村架純さんの相手役ということで通常であれば、同クラスレベルの役者さんが選ばれますが、岡田健史さんは演技が未経験という情報だけが流れていて、それだけで無く、ドラマの番組宣伝も一切出演をしていませんでした。

このようなことから、岡田健史さんは存在しないのでは無いかなどと言った、架空疑惑まで出ました。

岡田健史さんがデビュー作である「中学聖日記」で演じたのは、中学生役から社会人役まで幅広い演技を披露しました。

中学生役から社会人役まで演じられる演技力は相当なもので、視聴者の目にも焼き付いています。

それだけで無く、岡田健史さんの生まれ持ったスター性も抜群で、品の良さからも分かるように清潔感が抜群です。

岡田健史が中学聖日記で有村架純の相手役に抜擢された理由!

岡田健史さんが「中学聖日記」に抜擢されたのには、様々な理由がありますが、プロデューサーなどのコメントを見ていきましょう。

プロデューサーである新井順子さんは、「純粋さ」「洗練されていない感じ」「目をまっすぐ見て話す」と語るように、それだけ岡田健史さんに惚れ込んで、選んだことが伝わってきます。

また、岡田健史さんの相手役を演じた有村架純さんは、「人柄が滲み出ている」「努力家で真面目」「ピュア」と語っています。

プロデューサーや相手役から、純粋さや人柄が出ていると言われるように、演技をしたことが無いからこと、滲み出る良い意味での素人差が、有村架純さんの相手役に抜擢されたのでしょう。

→岡田健史のインスタ公式に彼女有村架純?出演情報とツイッター彼女!

ちなみに、岡田健史さんは「中学聖日記」の役をオーディションで勝ち取っています。

スポンサーリンク

岡田健史は高校時代創成館高校で野球で甲子園?ポジションは?

岡田健史さんは、「中学聖日記」でデビューしているため、小さいときから芸能界に興味があったのかと言えば、そうではなく、岡田健史さんの高校時代は、野球に明け暮れていました。

岡田健史さんは、長崎県では野球の強豪と名を馳せていた創成館高校の野球部のイケメンキャッチャーとして、実力だけで無くイケメン度でも話題になっていました。

岡田健史さんが所属していた創成館高校野球部は、NHK杯長崎県高等学校野球大会などの様々な大会で優勝をするなど、強さは本物です。

また、岡田健史さんが1年生の時には、第97回夏の全国高校野球選手権で、甲子園に出場しています。

しかしながら、岡田健史さんは、出場することはありませんでした。

イケメンで、扇の要であるキャッチャーということで、ファンがいるなど、芸能人並みの人気だったのは間違いないでしょう。

→甲斐拓也捕手がトレード?年俸予想や年俸推移や盗塁阻止率が大出世

岡田健史創生館高校偏差値や場所は?どんな学校?

岡田健史さんの出身校である創成館高校は、長崎県にある私立高校で、「普通コース」「特別進学コース」「ライセンスコース」「デザイン科」の4つのコースがあり、偏差値としては40前後となっています。

偏差値としては、高いという訳ではありませんが、部活に力を入れていて、強豪校として有名なのが硬式野球部です。

創成館高校を語る上で外せないことは、制服が「ベネトン」というイタリアブランドや修学旅行にハワイに行くなど、とてもスタイリッシュとも言うべき高校です。

創成館高校があるのは、長崎県諫早市で、岡田健史さんは野球部の特待生として入学しています。

スポンサーリンク

岡田健史が演劇に目覚めたきっかけや所属事務所の5年の愛とは?

小さい頃から野球をしていた岡田健史さんが演劇に目覚めたのは、野球部を引退した高校3年生の頃です。

結果的には演劇部に入部するのですが、元々は演劇部の先生から助っ人としてスカウトされ、「髪を梳かす八月」という作品で特攻隊員役を演じ、県大会にまで出場することになります。

そして、県大会で最優秀賞を受賞したのですが、この舞台がきっかけで演じることに快感を覚えたことが、役者として生きるきっかけになっています。

岡田健史さんが所属するスパイスパワーは、スウィートパワーの男性版とも言えます。

ちなみに、岡田健史さんは、5年越しの契約が実現できたと語っているのですが、一体どういうことなのかと言うと、所属事務所としては中学1年生のことからスカウトをしていて、その期間が5年間だったことから、5年の愛と言われています。

スカウトされた当時から所属事務所に所属しなかった理由は、子供の頃からやっていた野球を続けたい気持ちと同時に、芸能界と言うものに全く興味が持てなかったからです。

岡田健史の兄弟は?家族構成や出身地や中学は?

岡田健史さんは、福岡県出身で福岡市立和白岡中学校の出身です。。

岡田健史さんのご両親は、一般人のため具体的な情報は公表されていませんでした。

また、兄弟などについての情報も同じく、公表されていませんでした。

家族構成については、公表されていませんでしたが、岡田健史さんが俳優として生きていくと決めたときには、ご両親と大げんかをしたようです。

小さいときから野球をしていたのに、俳優として生きていくということで、ご両親は反対したということでしょう。

それでも、自分の意志を持ってご両親を説得し、自分の人生を悔いなく生きていこうと思ったことが伝わってきます。

スポンサーリンク

岡田健史本名や年齢!プロフィール

岡田健史さんは、本名かと思いきや全く違っていて、本名は水上常司(こうし)と言います。

1999年5月生まれで、福岡県出身の2019年3月現在19歳です。

趣味が筋トレでも、好きな食べ物がラーメンということで、筋トレ終了後に食べるラーメンが好きなのかもしれません。

山田孝之さんや菅田将暉さんなどと言った演技派俳優に憧れているので、これから野球では無く、俳優として生きていくと決めているのでは無いでしょうか。

岡田健史さんのイケメン度は小さいときからで、イケメンとしての逸話は枚挙に暇がないですが、中学校の卒業式の時には、第二ボタンだけで無く、全ての制服のボタンが無くなったという逸話を持っています。

岡田健史さんは、礼儀正しいことで有名ですが、日課としてゴミ拾いをするなど爽やかな好青年というイメージが強いです。

身長が180㎝ある岡田健史さんの体重は67㎏と、理想的なモデル体型をしているのですが、元々は野球をやっていたこともあり80㎏前後ありましたが、「中学聖日記」に出演するということで、役作りをした結果、10㎏の減量に成功しています。

福岡県で生まれた岡田健史さんが野球と出会ったのは、小学校の時で、福岡ライナーズに入部したことがきっかけです。

その後、福岡市立和白岡中学校を経て、創成館高校に進学します。

創成館高校には、特待生として入学し、小さい頃からの野球を続けることになります。

創成館高校を卒業すると同時に、現在の事務所に所属します。

岡田健史さんは、「中学聖日記」でデビューしますが、過去に映画などにも出演しておらず、全くもって演技をしたことがありませんでした。

岡田健史中学聖日記と創成館高校甲子園や偏差値!年齢や兄弟がやばい?まとめ

デビュー作が「中学聖日記」で有村架純さんと共演するなど、今や人気者の仲間入りをする勢いの岡田健史さんは、長崎県の創成館高校の出身です。

創成館高校では、野球部に所属しキャッチャーとして、岡田健史さんが出場したわけではありませんが、高校は甲子園に出場している強豪校です。

野球を続けてきた岡田健史さんは、元々はスカウトされていたのですが、所属事務所に所属するまでに5年の月日を要しています。

まだまだ作品数は少ないですが、兼ね備えたスター性を発揮すること間違いなしですので、これからも岡田健史さんから目が離せません。

引用:instagram.com

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!