宮根誠司顔変わった?顔色2019悪化はかくしごミヤネ屋謝罪と関係?

宮根誠司さんといえばミヤネ屋で歯に衣着せぬ物言いで圧倒的視聴率!実は顔変わった?2019年顔色悪くない?『Mr.サンデー(ミスターサンデー)』でも目が変と話題!かくしごをミヤネ屋で謝罪?だから顔色悪いの?嫌われてる理由がやばすぎ?宮根誠司さんの顔変わった2019年や顔色、目が変、かくしごやミヤネ屋謝罪の真相、嫌われてる理由まで一気にまとめました!

スポンサーリンク

宮根誠司が嫌われてる理由! スタッフや共演者に横柄?話の腰をおる?

宮根誠司さんと言えば、お昼の情報番組「ミヤネ屋」のMCですが、好感度が低いことはご存知でしょうか?

その理由と言うのが、スタッフや共演者に対して横柄だからだそうです。

とにかくスタッフに厳しく、テレビ上でもそんな一面が垣間見えたりしています。

それと話の腰をおるとも言われています。

共演しているコメンテーターや、中継リポーターの話も途中でばっさり切ってしまいます。

その辺りは視聴者も感じているのではないでしょうか?

宮根誠司が隠し子報道をミヤネ屋で報道!謝罪!真相とは?

宮根誠司さんに隠し子騒動があったのは、2012年1月のことです。

この問題は、自身が司会を務める読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で“隠し子”の存在を報じた女性週刊誌「女性セブン」の報道を「すべて事実です」と認め、謝罪しました。

記事によると、宮根は妻とは別の、大阪市内で飲食店を経営する女性A子さんとの間に3歳の女児がいるそうです。

A子さんとは、結婚前の2004年ごろ知り合い交際に発展。2006年8月の宮根誠司さんの結婚後も関係は続きました。

2007年春ごろ、A子から妊娠したことを告げられた。A子さんは2008年2月に出産し、宮根誠司さんは認知しました。

宮根誠司さんの妻も承諾しているというそうです。

宮根誠司さんはこの日、番組冒頭で「年明け早々、私どものことでお騒がせしてすみませんでした」と深々と頭を下げました。

「記事をご覧になって、多くの方々が、宮根には失望した、ガッカリしたといわれる方が、たくさんいらっしゃると思いますが、心を新たに、みなさまの期待、信頼にこたえられるよう、一から頑張っていきたい」と発言しました。

宮根誠司のかくしご不倫相手の激怒理由がやばい?

宮根誠司さんは、当時「僕が70歳くらいになった時に、2人の娘たちを呼んで、3人で飲みたいですね」と、現在の妻との間に生まれた娘、そしてA子さんとの間に生まれた娘に対する愛情を言葉にしていました。

しかし、その夢は叶いそうにありません。

「週刊文春」が、“隠し子の母”であるA子さんの「悲痛な告白」を掲載しました。芸能ライターは、こう解説します。

記事によると、娘が1歳になった頃に宮根と妻がA子さんの父親の元を訪問。そして、宮根誠司さんの妻がA子さんの父親を「こんなことになって、どうしてくれるんだ」と責め立てていたことが、後になってわかったというんです。

その時、宮根は何も言わず黙り込んでいて、その後もA子さんには妻が父親を詰問していたことを知らせずにいたそうです。

そもそもA子さんと宮根は、2004年、彼女が大阪の北新地で勤めていたクラブに宮根誠司さんが客として来たことから交際に発展しました。

約2年後に宮根から他に先に付き合っている人がいることを告げられ、A子さんが別れを切り出しても1週間くらいでメールを寄こして、ヨリを戻す関係だったそうです。

そんな中、宮根誠司さんは2006年8月に再婚したものの、その事実もA子さんには伝えず、さらに関係は続き、2007年6月にA子さんはお腹に宮根誠司さんの子どもを宿したことを知りました。

A子さんが妊娠を伝えると、4日後に宮根誠司さんから「実は結婚している」と打ち明けられたそうです

妊娠から半年後、宮根誠司さんとA子さんはA子さんの実家を訪れ、宮根誠司さんはA子さんの両親に土下座して謝罪したこともA子さんは明かしています。

そして時はすぎ、2012年1月、週刊誌「女性セブン」に、宮根誠司さんが“隠し子”の存在を認めたインタビュー記事が掲載されました。

ただ、この記事では、A子さんは「宮根誠司さんが既婚者と知りながら付き合っている女性」という扱いになっていた。A子さんにすれば、愛人呼ばわりされていたわけです。

反論するかどうか迷ったものの、当時はメディアに出る決心がつかず、宮根誠司さんの妻も自分と同じようにダマされていた、という同情もあって、葛藤を抱えながらも、日々を送っていました。

そんな中で最近になって知らされた「A子さんの父親が宮根誠司さんの妻に詰問されていた」という事実に、A子さんも我慢がならなかったとのことです。

スポンサーリンク

宮根誠司へのネットの反応とは?

宮根誠司さんですが、2018年8月14日放送のミヤネ屋で、画面をたたくという放送事故級のことを起こしています。

8月14日のミヤネ屋の放送中に、ゲリラ雷雨の特集が冒頭で行われました。

その中で雷の映像と共に気象キャスターである蓬莱大介氏さんがモニターで解説しようとしたときにちょっとしたハプニングが起きました。

宮根誠司さんが「雷雨の前兆ですが~」の発言の後で、本来映像が変わるはずがスタッフの段取りが悪く画面が変わらなかったことに怒り、画面をたたいていました。

宮根誠司さんですが、イライラとした感情を帯びた言動や態度が出してしまっている時があります

司会としては何も問題がないように見えますが、宮根誠司さんの言動・行動が、視聴者にはあまり良い印象にうつってないようです。

ネット上では、

「宮根、画面殴るとかやばい」

「短気すぎ」

「何か一言入れればいいのに」

と否定的な意見が多く見られました。

宮根誠司の看板番組ミヤネ屋!結局不動の視聴率を誇るわけとは!

2018年4月2日のミヤネ屋についての報道で、

「情報ライブ ミヤネ屋」の昨年度通期平均視聴率が、平日の同時間帯(午後1時55分~同3時50分)で関西・関東の両地区で1位だったと発表されました。

時間帯トップは9年連続とのことです。

宮根誠司さんの人気とは裏腹に、番組の視聴率は絶好調です。

宮根誠司さんを快く思わない視聴者がいる一方で、宮根誠司さんの司会ぶりを評価する視聴者もいるようです。

視聴者が驚くような言動もありますが、あえてそれを演じることで人気を保ってきたのではないでしょうか。

宮根誠司人気は最下位でもギャラはトップ?

現在の宮根誠司さんの「ミヤネ屋」のギャラは一本120万円と言われています。

月~金曜日の5日間放送なので、この時点で600万円です。

また「Mr.サンデー」のギャラガ一本200万円なので、一週間で800万円、年収に換算すると3億8400万円になります。

その他にも番組に出演されているので、年収は4億円以上にはなると言われています。

一方、好きな男性アナウンサーランキングでは、宮根誠司さんはトップ10圏外から完全に消えてしまいました。

男性アナでトップクラスの人気を誇る羽鳥慎一アナのギャラは、番組1本数十万円レベルのところですが、宮根誠司さんは1本100万円を超えています。

スポンサーリンク

宮根誠司が2019年顔変わった?劣化?太り?エステ?

宮根誠司さん実は最近顔が変わった?と騒がれているようです!

果たして?

以前の宮根誠司さんと現在2019年の宮根誠司さんを比べて見ました!

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000020-tospoweb-ent

こちらが以前の宮根誠司さん!

確かにシュッとしています。

では最近の宮根誠司さんは?こちら!

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000323-oric-ent

前よりは鼻が丸くなり、顔が垂れてきているように思います!

太ったような気がしますね!

お正月太りでしょうか?

もしくは芸能人ですし、男性でももしかしたらエステに通ったりしている可能性もありますよね!

エステに最近行けてない?ということも考えられますね。

そして年末年始でお酒飲みすぎて顔がむくんでいるのかもしれません。

宮根誠司の顔変わった顔色悪いのは病気か?

さらに宮根誠司さん顔色が悪いのでは?との疑惑も!

実は宮根誠司さん病気なのでは?

ということで調べてみると大きな病気をしているというような情報はありませんでした。

しかし、年末年始でインフルエンザにかかり39.5度まで熱が上がっていたんだそうです!

寝正月を過ごされたミヤネさん!そうなると何も口にできずにやつれてしまった。顔が水分でむくんでしまった。ということも考えられますね。

そして、何と言ってもいつものように顔筋使っていませんから、数日といえども、毎日報道番組で喋り続けている宮根誠司さんにとってはかなり筋肉緩んだ可能性もあります。

とにかく健康でまたいつもの宮根誠司さんの顔に戻ることを祈っています!

宮根誠司が『Mr.サンデー(ミスターサンデー)』で目が変?整形?アレルギー?喧嘩?

宮根誠司さんは年明けから顔が変!と騒がれていましたが、なんと2019年1月13日放送の『Mr.サンデー(ミスターサンデー)』で目が変!とネット上でかなり話題になったようです!

引用:twitter.com

確かに!見ていくと左目の二重の幅が異常に大きいのがわかります!

ネット上では「大丈夫?」「ミスターサンデーが何度も面白がって取り上げた扇風機おばさんみたいになってる」「宝塚の俳優さんみたい」「男鹿のなまはげより怖かった」「最初に一言もなかったの?テレビであの顔は怖い」など様々な意見が!!

インフルエンザの影響がまだまだ続いているのかもしれませんが少し長い気もしますね。

ということネットでも病気以外に疑惑が上がっているようです。ネットの声とともに見て見ましょう。

1、整形

「絶対整形だ」「整形失敗したのか?」「もともと平行二重で目頭も開けていましたが、近年眼瞼下垂にでもなって、それを手術したんでしょうか」

2、インフルエンザ以外の病気

「バセドウ病?」

3、喧嘩

「誰かに殴られた?」

4、アレルギー

「ものもらい?急性の炎症を伴う病気?」

ということでかなりネットも盛り上がっていますね!


こちらのツイート美容外科クリニックさんがあげていますね。詳しく書かれていますし、もしかしたら整形の可能性が高いのでしょうか?

整形のタイミングを狙っていたとしたらミヤネ屋がおやすみ中が一番ベストですよね!年末年始はもってこいかもしれません。しかしインフルエンザにかかっていたことを考えるとそこまで時間がないようにも思えますね。

喧嘩で殴られたり泣いたりで目が腫れる可能性もありますね。

今後の腫れ具合に注目しつつ、原因を解明したいところですね。

スポンサーリンク

追記!宮根誠司ついに左目が変な理由をミヤネ屋で公表!

宮根誠司さんの顔が変!左目が変!という声が盛り上がりすぎたためか、ついに宮根誠司さんが2019年1月15日放送の『ミヤネ屋』で左目が腫れている理由を説明しました。

先日家族から左目がおかしいと言われ、病院に行くと加齢で左目が下がってきているという診断で、視界が悪く、スタジオ内でライトを浴びていても暗く見えるので、医師の方からまぶたを縫い合わせれば治ると言われたため、その場で施術。

結果的にはプチ整形をした形になったということでした!

皆さんのネットの読みが当たっていたんですね!さすがです。

宮根誠司の手術はプチ整形なのか?病気?

ちなみに病名があるようで眼瞼下垂(がんけんかすい)という病気みたいです。

この病気は最近ではコンタクトレンズを長期に装着していることでも発症の恐れがあると言われていて、上まぶたが垂れ下がってしまう症状です。先天性の場合もありますが、コンタクト長期着用のように後天性の発症もあるんです。

手術の方法としては、皮膚を切開し、眼瞼挙筋を短縮し、まぶたを引き上げるようです。

ちなみにミヤネさんはどうかはわかりませんが、両目同時に手術もできるそうです。

お忙しい方なので一気にやった可能性が高いかもしれませんね。

手術をしない場合はアイプチテープをしてまぶたを上げたり、クラッチメガネ(クラッチグラス)という眼瞼下垂の方用のメガネで対応するんだそうです。普通のメガネにまぶたをあげる器具のようなものがくっついた構成になっています。かなり便利な発明品ではないでしょうか?

ちなみに保険適用もする病気なので、美容整形やプチ整形と同じなのか?というと違うと思います。

が宮根誠司さん自身がプチ整形と表現していますから、あえて否定する必要もないのかもしれませんね。

これをプチ整形と呼ぶのなら、私たちもいつかプチ整形を意図せずにするときがくるのかもしれません。

ちなみに腫れは日を追うごとに治るらしいです。「どうなって行くか皆さんお楽しみに」ともはやネタにしていましたね!

やはりあまりにも長いこと顔に違和感があったので、インフルエンザなどの一時的なものではなかったんですね。

今後の宮根誠司さんさらにイケメンになっていくのではないでしょうか?

宮根誠司プロフィール

宮根誠司さんのプロフィールです。

名前:宮根誠司(みやねせいじ)

生年月日:1963年4月27日

年齢:55歳(2019年1月現在)

出身地:島根県大田市

身長:173㎝

血液型:B型

最終学歴:関西大学経済学部

宮根誠司さんは地元の高校を卒業後、大阪の関西大学に進学。

当初アナウンサー志望ではなかったものの、朝日放送に合格し入社しました。

新人時代はひたすらニュース原稿を読み続けたそうです。

2004年にフリーアナウンサーに転身し、2006年からは「情報ライブ ミヤネ屋」が放送され、MCとして出演してきました。

その後、ミヤネ屋は全国ネット化し、宮根誠司さんは今やテレビでは見ない日はない存在になりました。

宮根誠司顔変わった?顔色2019悪化はかくしごミヤネ屋謝罪と関係?まとめ

今回は宮根誠司さんについて紹介しましたが、いかかでしたか?

宮根誠司さんの人気が落ちるのとは反比例して、かつて「ミヤネ屋」でアシスタントを務めた、元読売テレビアナウンサーの川田裕美さん(現在はフリーアナウンサー)は、2018年好きな女性アナウンサーランキングで4位に入るほどの人気を得ています。

川田裕美アナと言えば、あんこが好きでスキップが変ということが話題になり、知名度が急上昇しテレビ番組でもよく見かけます。

「ミヤネ屋」でトーク力やMC力が鍛えられたのかもしれませんね。

宮根誠司さんは隠し子騒動以来、人気は落ちていますが、「ミヤネ屋」はまだ続きそうです。

以上、ここまで読んでいただいてありがとうございました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130728-00010000-wordleaf-ent.view-000

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!