宮沢氷魚と父親そっくりで母親はハーフ?目の色はカラコンで歌下手の真相!

スポンサーリンク

宮沢氷魚さんといえばドラマ『偽装不倫』で主役で人気上昇中!父親が『THE BOOM』の宮沢和史さんでそっくりで似てる話題!画像比較!母親がハーフ?光岡ディオンはタレント?目の色はカラコン?宮沢氷魚さんの父親とのそっくり似てる画像比較や母親光岡ディオンさんやハーフ説!目の色は本物?カラコン?徹底的にまとめました!

スポンサーリンク

宮沢氷魚の父親が宮沢和史(THE BOOM)でそっくり画像!

モデルの宮沢氷魚さんですが、父親は元THE BOOMのボーカル宮沢和史さんであることはあまり知られていないかと思われます。

引用:https://www.miyazawa-kazufumi.jp

引用:twitter.com

画像を見ても2人はそっくりです。

そんな宮沢氷魚さんについて。父親・母親について交えながら、まとめてみました。

宮沢氷魚の父親宮沢和史プロフィール!

名前:宮沢和史(みやざわかずふみ)

別名:MIYA

生年月日:1966年1月18日

年齢:53歳(2019年7月現在)

出身地:山梨県甲府市

最終学歴:明治大学政経学部

活動期間:1986年~

1986年にTHE BOOMを結成。

歩行者天国でのライブを積み重ねた後、1989年シングル「君はTVっ子」でデビュー。

ほぼすべての楽曲を作詞・作曲を担当しており、代表曲は「島唄」、「風になりたい」などがあります。

以前には、俳優として「二千年の恋」(2000年)、「恋を何年休んでいますか」(2001年)、「JIN-完結編」(2011年)、「南極大陸」(2011年)などに出演。

ソロ歌手でも多くの作品をリリースしており、矢野顕子さん、久石譲さん、奥田民生さん、大貫妙子さんなどの他のアーティストたちとのコラボや楽曲提供も数多く行っています。

宮沢氷魚が歌声は父親譲りではなかった?

宮沢氷魚さんですが、声が父親に似ていることについて、

「言われます。ライブ会場に行くと、ファンの方に『息子さんですか?』と声をかけられます。特に昔から父を知っている人からは、(父の)若いころにそっくりって言われます。喉仏が似ていると」

歌手としてオファーがあったらと聞かれると、

「僕は、声が低いんですよ。父も地声は低いので、父の曲なら歌えますけど、高いと無理ですね。でも、何にもトライしてないので、オファーがあれば考えます」

と、顔や雰囲気はそっくりな2人ですが、歌声は違うようです。

さらに、友人とカラオケに行くと決まって父親である宮沢和史さんのグループTHE BOOMの代表曲である『島唄』を入れられ、サビになると当然のようにマイクを渡され、歌った後に友人から「曲入れちゃってなんかごめんね」と謝られてしまうエピソードを披露し笑いを誘っていました!

歌は得意ではないと語っていました。

スポンサーリンク

宮沢氷魚の母親が光岡ディオンでハーフ?画像や国籍やプロフィールは?

宮沢氷魚さんの母親ですが、光岡ディオンさんという方です。

光岡ディオンさんですが、タレント、ラジオパーソナリティとして活動されています。

1965年7月15日生まれの神奈川県横浜市出身で、日本人とフィリピン人のハーフなので、宮沢氷魚さんはクォーターになりますね。

国際基督教大学を卒業後に、音楽番組やCNNニュースを中心に活動していました。

その他、英語力を武器に「MTV JAPAN」、「アメリカン・ミュージック・アワード」、「英語ビジネスワールド」などで活躍。

またラジオでは「大学受験ラジオ講座・英語講座」、「英語で読む村上春樹」に講師としても出演しています。

1994年に宮沢和史さんと結婚後もタレントとして活動しています。

宮沢氷魚の目の色がなぜ青い?カラコン?ハーフ?

宮沢氷魚さんは、上記の通り、日本人とフィリピン人のハーフである母親と純日本人の父親から生まれたクオーターということになります。

自身の目の色について、「灰色と茶色のミックス」であると話しています。

幼少期は髪の毛も茶色で、目の色も茶色に見えます。

最近は目が青いとも言われています。

宮沢氷魚さんの場合、クォーターであることから、目の色も生まれつきと言っても良いと思います。

カラーコンタクトをしているわけではなさそうです。

宮沢氷魚の生い立ち!名前由来!経歴や英語力!現在までの活躍がすごい!

宮沢氷魚さんは、1994年4月24日に、アメリカ合衆国のサンフランシスコで誕生しました。

生まれはサンフランシスコですが、育ったのは東京都。

名前の氷魚(ひお)ですが、父親が釣り好きということから鮎の雑魚である「氷魚」が由来のようです。

氷魚は秋から冬の間に琵琶湖でとられることから「厳しい環境にいても強く生き抜いてほしい」という願いがこめられているそうです。

幼稚園から高校まではインターナショナルスクールで過ごし、大学はカリフォルニア大学サンタクルーズ校から国際基督教大学に編入しています。(大学は2017年に卒業)

国際基督教大学は母親と同じこともありますが、秋篠宮家の眞子様、佳子様も通っていた通称「ICU」で有名です。

実は入試の偏差値は「65」という、入るのが難しい学校なのです。

宮沢氷魚さんですが、物心ついたころから家にいなかった両親の影響からか、芸能界に興味はなかったそうです。

しかし、15歳ころに父親のライブを観て、その仕事の素晴らしさに気づき、芸能界に興味を持つようになったそうです。

アメリカ留学中に、現在の所属事務所であるレプロエンタテインメントに履歴書に送り、2015年6月から所属しています。

2015年に開催された第30回「MEN‘S NON-NO」専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、10月号から専属モデルを務めています。

その後は、「おとなの基礎英語(2015年)」、JR東日本SKISKIのテレビCM「冬が胸に来た」(2016年~2017年)などに出演し、2017年10月期のドラマ「コウノドリ」にレギュラー出演し、俳優デビューしています。

その他、2018年6月のNHKBSプレミアム単発ドラマ「R134/湘南の約束」でドラマ初主演、同年7月の舞台「BOAT」で初舞台にして初主演を果たしています。

2019年1月期のドラマ「僕の初恋を君に捧ぐ」にレギュラー出演し、2019年7月期のドラマ「偽装不倫」では主演の杏さんの相手役を務めます。

宮沢氷魚さんですが、経歴を見ればわかるように、英語はペラペラのようです。

また陸上、サッカー、クロスカントリーを特技として挙げており、ギターや三味線も弾けるそうです。実は野球を幼少期から15年以上続けていましたが、大学時代に肩を壊したことで辞めてしまったそうです。

凄いですね。ほとんどなんでもできそうな感じがします。

スポンサーリンク

宮沢氷魚は二世タレントでもオーディションで隠していた?

宮沢氷魚さん、二世芸能人なので、親の七光りという声もありそうです。

しかし実はオーディションの際、芸能人の息子であることを隠し続け、最終面接で合格となりそうな時に初めて親の名前を書く欄があり、そこで宮沢和史と記入すると面接官がザワザワし始めたそうです!面接官の方も見る目ありますよね!さぞかしびっくりしたのではないでしょうか?

今度のドラマで共演する杏さんも俳優の渡辺謙さんの娘なので、2世芸能人です。

杏さんの場合も、「渡辺謙の娘」のイメージがつくことを嫌い、当初はそれを明かさずに活動していた過去がありました。(後にマスコミがかぎつけたようです)

杏さんの場合は親の七光りというイメージは少ないですが、IMALUさんは、両親(父親:明石家さんま。母親:大竹しのぶ)が、大物すぎるのもあり14光とも言われることもあるようです。

宮沢氷魚さんは両親とジャンルが少し違いますし、実力もかなりありそうです。7光と言われることはないのでしょうか!

宮沢氷魚プロフィール

名前:宮沢氷魚(みやざわひお)

本名:同じ

生年月日:1994年4月24日

年齢:25歳(2019年7月現在)

出生地:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ

出身地:東京都

身長:184㎝

最終学歴:国際基督教大学

職業:モデル、俳優

事務所:レプロエンタテインメント

宮沢氷魚と父親そっくりで母親はハーフ?目の色はカラコンで歌下手の真相!まとめ

宮沢氷魚さんは今後ブレイクが期待される俳優であることは、間違いなさそうです。

さぞかし、事務所も押して行きたいでしょうね。

レプロエンタテインメントと言えば、稼ぎ頭は新垣結衣さん。

以前は、のんさん(旧芸名:能年玲奈)、千眼美子さん(旧芸名:清水富美加)も所属し、トラブルがありましたよね。

サンミュージックという事務所は、酒井法子さん(覚せい剤取締法で逮捕)、ベッキーさん(センテンススプリングの不倫)で相当のイメージダウンと違約金もすごかったそうです。

宮沢氷魚さんレプロエンタテインメントの今後の稼ぎ頭になりそうですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!