雅子様が学歴ロンダリング?高校や東大の真実&病状悪化原因や症状!

雅子様といえば令和時代の新皇后に!学歴は東大にハーバード?学歴ロンダリングの真相は?高校はどこ?現在の病状や原因、病状悪化についてや適応障害の症状!若い頃が可愛すぎ!雅子様学歴ロンダリング疑惑と高校や東大!病状悪化や原因、適応障害の症状!徹底的にまとめました!

スポンサーリンク

雅子様の学歴が華麗すぎ!出生から高校やハーバードや東大まで!

2019年5月1日から「令和」となり、新元号として「平成」が終わりを告げました。

平成が終わり、天皇皇后両陛下が退位することになり、新天皇として皇太子さまが即位をし、新皇后には雅子さまがなります。

そもそも、新皇后である雅子さまは、どのような経歴をお持ちなのでしょうか。

新皇后である雅子さまは、1963年12月9日小和田家の長女として誕生したのですが、華麗なる一族ならぬ華麗なる経歴をお持ちですので、見ていきたいと思います。

雅子さまは、1歳で当時のソビエト連邦であるロシアに、その後はアメリカで幼稚園生活を送ります。

帰国後は、田園調布雙葉小学校に編入試験の後入学するのですが、良家が通う名門校であると同時に偏差値が70近くあることから、かなり難易度が高く狭き門であることは間違いありません。

ちなみに、田園調布雙葉小学校に入学するために通った塾を雅子さまのお母様に紹介したのが、何と美智子様でした。

その後の学校生活を平穏無事に過ごしていましたが、お父様の仕事の都合で突如高校2年生の時にアメリカへ渡ります。

アメリカに渡り編入した高校は、ベルモント・ハイスクールで最優等学生にまで上り詰めます。

また、華麗なる経歴はこれだけでは無く、「ナショナル・オーナー・ソサイティー」まで受賞します。

ちなみに、この「ナショナル・オーナー・ソサイティー」は、アメリカ政府が選ぶ国内上位5%に贈られる賞で、もはやレベルが高すぎて分からない位です。

それだけでは無く、ドイツ語科では「ドイツ総領事賞」や「ゲーテ・インスティトゥート賞」を受賞するなど、やはりレベルが高すぎます。

高校卒業後は、ハーバード大学の経済学部へ進学しますが、ハーバード大学と言えば、日本でいう東京大学や京都大学で首席のようなレベルの人が入ると大学で、アメリカでも最上級に位置する大学です。

そんなハーバード大学でも、雅子さまの存在は際立ち、卒業論文で「マグナ・クム・ラウデ」優等賞をするなど、ハーバード大学での華麗なる学生生活を締めくくることになります。

また、ハーバード大学卒業後は、東京大学法学部に学士入学します。

雅子様の外務省時代もやばい!

雅子さまは、卒業と同時に帰国し、外交官として働くべく1986年に外交官試験に合格し、外務省の経済局国際機関第二課に配属され、当時としては女性が外務省に入省することは非常に珍しく、女性初のキャリア官僚として世間の注目の的となりました。

1988年には、外務省の研修として留学し、1990年に研修から帰国して北米局北米二課に配属されるなど、雅子さまは女性として激務に耐えました。

ちなみに、外交官試験に合格した翌年には、東京大学を中退しています。

雅子様の学歴ロンダリング疑惑?高校や大学!

華麗な学歴を持つ雅子様ですが実は学歴ロンダリングでは?と行った噂が立っているようです!

学歴ロンダリングとは何かというと、大学院に進学する際に出身大学よりもさらに上のレベルである大学院に進学し、自らの学歴を誇張しているのでは?というような意味を持ちます。

今回の雅子様の場合は大学院ではありませんが、ハーバード大学の後に入学した東大は学士入学でさらに中退をしているということから、そう言われているようです。

つまり東大は3年生の時の編入で、1次試験も2次試験も受けていないようです。

さらに父親の小和田恒さんは東大で25年間非常勤講師を務めていたそうです。

ハーバード大学入学も父親である小和田恒さんのコネが働いたのでは?や卒論も父親のコネでかなりの財界人が手助けをしたのでは?とも言われています。

さらに、雅子様は外務省入省後にオックスフォード大学院に国費留学した際、一人だけ修士号を取得できなかったらしいんです。

そのため学歴ロンダリングだといった噂が出てきているようです。

しかし先に書いたように高校時代や大学時代に数々の賞をもらっている雅子様ですから噂に過ぎないのではないでしょうか?

そうでなければここまで様々な賞をもらうことはできなかったはずです!

スポンサーリンク

雅子様父親母親も凄すぎ!

小和田家の長女として生まれた雅子さまですが、華麗なのは経歴だけではなく、ご両親も凄いのです。

お父様は、外交官として仕事をするだけでなく、東京大学でも講師をするなど、華麗なる仕事に就いています。

また、お母様は結婚する前は、エールフランスの秘書として仕事に就いています。

ちなみに、雅子さまのお母様、つまり祖母がチッソ会長の長女です。

このように、雅子さまのご両親や家系、絵に描いたような凄さだったことが伝わってきます。

→雅子様妹たちの現在!渋谷節子や双子の礼子の結婚離婚や子供や不倫?

雅子様と皇太子さまの馴れ初めは?皇太子さまの熱烈アプローチ?

雅子さまと新天皇陛下は、1986年委東宮御所で行われたパーティーで初めて顔を合わせることになり、その後何回か食事会を重ね距離を縮めていきます。

ここである問題が発生してしまいます。

実は、水俣病の原因となった会長である江頭豊さんが、雅子さまの家系にいたことで、政府から考えるよう説得されます。

それでも、雅子さまへの気持ちは拭えず、新天皇陛下から雅子さまへ1992年にプロポーズし、承諾してもらいました。

ちなみに、新天皇陛下が雅子さまにプロポーズをした場所は、千葉県市川市にある新浜鴨場と言われています。

また、新天皇陛下に雅子さまを紹介したのは、元外交官の中川融さんだとも言われています。

雅子様の適応障害の病状や症状と悪化原因は?

雅子さまは、2004年に適応障害と言う精神障害になったことが、宮内庁から発表されました。

適応障害とは、ストレスが原因で動悸など体の調子が悪くなり、鬱と症状が似ています。

ちなみに、適応障害は鬱と違って、ストレスから離れることで、体調が良くなる傾向があります。

雅子さまが適応障害になった原因と言われている理由がいくつかありますので、ご紹介します。

まずは、愛子さまを出産する2年前の1999年に流産したことが挙げられます。

このときは、妊娠情報がマスコミを通じて流れ、その後流産の事実が判明しています。

次に、新天皇陛下の発言が挙げられます。

雅子さまが同行できなかったことに対しての発言で、人格を否定したことがある事実を述べていることも含め、夫婦での悩みがあったことが考えられます。

最後に、2001年に愛子さまを出産していますが、皇族問題が挙げられます。

雅子さまが適応障害と発表された2004年時点では、40年近く皇族男子が生まれていませんでしたので、そのことに対する周囲のプレッシャーを感じていた可能性はあるでしょう。

スポンサーリンク

雅子様の病状回復には愛子さまの成長が!

雅子さまは、適応障害になってからは公務を体調と相談しながら務められていますが、皇后に近づくにつれて、報道陣に対しても明るく振る舞ったり、笑顔が多く見られたりと、日を追うごとに病状が回復しているように感じます。

この雅子さまの体調が良くなったとされる理由には、愛子さまの成長が大きく影響している可能性が高いでしょう。

なぜなら、適応障害の理由の一つと考えられていたのが、苦難を乗り越えて生まれてきた愛子さまですが、そのことに対して当時宮内庁の長官が、もう一人欲しいや全国民の総意とも思える発言をしたことで、愛子さまを完全否定されたと感じ、その後は長期療養に入った後に、適応障害と診断されてしまったからです。

また、愛子さまも登校が出来なくなるなど、様々な困難を乗り越えた雅子さまですが、その陰には愛子さまの成長が挙げられます。

なぜなら、愛子さまは高校に進学すると社交的になり、学校でも目立つ存在となるなどそれまでの性格とは正反対とも言えるような急成長を遂げました。

そのことが、雅子さまにとって良薬となったのでは無いでしょうか。

雅子様の若い頃が綺麗すぎ!おしゃれセンスも!

雅子様と言えば、忘れちゃいけないのが若いころから綺麗だと言われ続けていることです。

また、ファッションセンスも抜群だったとも言われていますが、実際はどのような感じだったのでしょうか。

雅子さまの若い頃の綺麗さが分かる画像と言えば、テニスをしている最中と思しき太ももを出されている、とても貴重な画像があるのですが、まさしく絵に描いたような美人といった感じで、綺麗すぎといっても嘘にはならない程です。

雅子さまは顔立ちも整っていることから、どのような服装でも似合ってしまいますが、その中でも特、トレンチコートのイメージが強く、まさにキャリアウーマンといった感じで、ファッションセンスも抜群です。

雅子様が学歴ロンダリング?高校や東大の真実&病状や現在の回復!まとめ

新皇后になられた雅子さまは、ハーバード大学を卒業したり、外交官試験に合格して外務省に入省したりと、華麗なる経歴をお持ちです。

また、雅子さまだけでなくご両親も凄く、小和田家は華麗なる一族であるということが分かりました。

そんな雅子さまは、新天皇陛下と困難を乗り越えて食事会を重ね、距離を縮めていき無事ご成婚することになります。

ご成婚後も困難は続き、あるとき雅子さまは、ストレスが原因と思われる適応障害と診断されますが、愛子さまの成長とともに快方に向かわれています。

皇后である雅子さまは、これからも大変なストレスに見舞われるかもしれませんが、新天皇陛下と力を合わせて困難にも乗り込んで頂きたいと思います。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-05020099-nksports-soci.view-000

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!